フクロウの飼い方(随時更新)

※ここから先のページは真実を知りたい方、または本気でフクロウをお迎えしたい方向けに、あえて(わざと)難しく書いてあります。乱文、何卒、ご了承ください。

当園はペットショップではありません。ペット産業から保護した生体を譲渡することはありましても、生体販売は行っておりません。

 

当園(ねこのす)これまで梟を100羽以上、小型から大型まで、現在、日本に流通しているほとんどの種類を長きに渡って飼育してきた経験がございます。

繁殖、ヒナから老衰、病気と獣医、そして業界の津々浦々まであらゆる経験と知識があり、この業界にはどんなブリーダーがいて、どんなショップがあり、どの国から何が輸入され、どの獣医がどこと利益供与していて、どのような流通形態になっているかも熟知しております。

また特定のペットショップ団体や獣医利権との利益供与関係がありませんので、この業界の悪い部分や本質的な内容を発信することができます。

(里親様へ)

ふくろうの飼い方につきまして難しい所は当園がサポートいたします。このページは本当に悩んだときにお読みください。当園で里親になってくださった方は、当園が続く限り永続的サポートを無償で行わさせていただいております。

マレーウオミミズク、ねこのす動物保護施設.jpg

 

(おことわり)

当園はペットショップではありません。

 

当園は動物の保護施設であり、日本の生体販売には基本的に反対の立場です。

ただし動物に罪はございませんので、動物ができるかぎり健康に長生きさせる方法を常に研究しておりますので、それを動物を愛する皆様と共有したいと考えております

また、この記事はくれぐれもペットショップや生体販売目的のフクロウカフェ、展示即売会などから、フクロウをお金で買うことを推奨するために作った記事ではありませんことをご理解いただけた方のみ、読み進めて頂ければ幸いです。

​また、すでにフクロウを実際に飼っており、何かで悩んでいる方がいらっしゃれば我々の知識を共有させていただきたく思いますが、すでに特定の猛禽派閥コミュニティに属されて「我こそが正しい、ふくろうの飼い方はこうあるべきだ」というような頭の固い、排他的な方のご参加は固くお断りしております。

 

※猛禽業界は特に排他的な傾向が強い業界です。

現在、日本のペット産業は腐っていますが動物に罪はありません。動物たちにも長く健康に生きる権利があります。

今、国内で生きているフクロウが健康に寿命を全うし、極論ではありますが、いつか日本もドイツのようにペットショップが無くなり、フクロウも犬猫もお金で売買されることが無くなれば良いと思っております。

ペットショップや生体販売の世界は食肉同様、売れ残りが必ず出る産業です

もちろん殺処分に加担しないで経営されている、心あるショップやブリーダーもいらっしゃいますので、すべてのペット業者を批難するつもりはありません。

しかし皮肉なことにペット産業は、合理的に利益を追求して、裏で殺処分を断行している業者ほど勝ち残り、シェアを拡大しています。

そして後に善良なペット業者を動物もろとも廃業に追い込んでしまう競争原理があることもペット産業の闇なのです。

(流行っている店の近くには、後で必ず大手が来る)

 

「 善人は負け組  」、ペット業界の皮肉。

皮肉なことにペット業界に入った人間、ペットショップやアニマルカフェを開業した人間は、善人であればあるほど、動物に思い入れが強くなるので、その結果、売れ残りを飼い続けたり、病気の子も大切にしてしまいます。

その結果、深刻な赤字を招き、ペット業界では負け組になったり、廃業に追い込まれるという、どうにも救いがたい産業構造があるのです。

食肉産業にはまだ「食べる」という生命の循環が根底にありますが、ペット産業の裏側には、ただ無慈悲に殺されてしまうという日本の闇があります。

また、猛禽などのエキゾチックアニマルの世界は犬猫より殺処分は少ないと言われていますが、実は仕入れや繁殖の段階で密輸が横行しており、大量の動物が輸送途中に死んでいます。

下記の動画は、ペット業界の本質的な内容を「ひろゆき氏」が発信したものです。

彼が語っている通り、ペット業界には殺処分が公然とあり、エキゾチックアニマルも同様、いずれも大量の犠牲の上に成り立っていることを忘れてはいけません。

つまりペットショップから動物を買ったり、そのコミュニティに属することは、ひろゆき氏の言っている通り、結果的に永続的な殺処分に加担し続けている形になっていることを忘れてはいけないと思うのです。

私たちが実際に飼育、保護してきたフクロウ一覧

現在までおおよそ半数は里親様へ譲渡してまいりましたが、まだ半数は実際に園内で飼育しております。​

​下記の種類をそれぞれ大量に育てて飼育して参りました。この飼育経験を今現在、国内で生きているフクロウたちの健康維持に共有できれば幸いです。

■大型

・シベリアワシミミズク

・ユーラシアワシミミズク

・トルクメニアンワシミミズク

・マレーワシミミズク

・シロフクロウ

・アメリカワシミミズク

・ベンガルワシミミズク

・ウラルアウル

・カラフトフクロウ

・マレーウオミミズク

・メガネフクロウ

・オオフクロウ

・ミルキーワシミミズク(黒ワシミミズク)

■中型

・モリフクロウ

・アフリカワシミミズク

・アカアシモリフクロウ(チャコモリフクロウ)

・マレーモリフクロウ

・メンフクロウ

・クロメンフクロウ

・ハイガオメンフクロウ

・ニセメンフクロウ

・アビシニアンワシミミズク

・オナガフクロウ

・トラフズク

・アフリカヒナフクロウ

・ニュージラーンドアオバズク

・コミミズク

・南米ヒナフクロウ

・クロオビヒナフクロウ

■小型

・アフリカオオコノハズク

・ニシアメリカオオコノハズク

・サバクコノハズク

・キンメフクロウ

・コキンメフクロウ

・アカスズメフクロウ

・スズメフクロウ

・インディアンスコップアウル(インドコノハズク)

・インドコキンメフクロウ

・スピックスコノハズク

・ヨーロッパコノハズク

ねこのすフクロウ自由放鳥_ふくろうの飼い方jpg

当園で現在、里親を募集しているすべてのフクロウはペット産業から保護してきたヒューマンブリード生体です。もちろん野生の生体はおりません、しかしフクロウは元々ペットとしての飼育が難しい部類に入りますので、その飼い方は海水魚と同じくらい奥が深いものになります。

特にフクロウの飼い方に関しましては個々人、販売店、ブリーダーごとに様々な意見があり、獣医の言う事も本当にバラバラなため、犬猫のように統一した飼育方法や共通概念がまだまだ未成熟な世界です。

 

それゆえに間違った情報もたくさん流れています。

しかし当園は当園なりに研究を続けておりまして、長年に渡りフクロウ100羽以上を同時に飼育してきた経験から、統計的に見て確証性のある一定の結論を保持しておりますので、どうか皆さまのお役に立つことを願って文章にまとめました。

何卒、ご参考頂ければ幸いです。

 

※フクロウの飼育は「ねこのす」が開園するずっと前から行っております。犬猫より専門的に勉強して参りました。

ミルキーワシミミズク(黒ワシミミズク)ねこのす動物保護施設.jpg
ねこのすメインロゴ.png
里親様へ譲渡(ねこのす)アカアシモリフクロウ_edited_edited.jpg
クロメンフクロウ里親様(「ねこのす」ではフクロウの里親募集も行っております!NEKONOS猫の巣、梟、保護動物)_edited_edited_edited_edited_edite

はじめに…

 

フクロウはエサが難しく、​飼育難易度が高い動物です。

病気のほとんどはエサの間違いや、

飼い方のミスから来ます。

「エサを作るのに時間がかかる」

​「エサの内臓処理など敷居が高い」

「飼い方がむずかしい」

「実は長生きさせられない飼い主も多い」

​「獣医のほとんどはヤブ医者」

※流通数が少ないので診療知識が皆無に近い※

「購入価格が高い反面、1~2年で落鳥(死亡)させてしまう飼い主が多い」

「梟販売店の多くは間接的に密輸に関わっている」

「ふくろうコミュニティは村の様に点在しているが、その多くが排他的」

「飼い方について重箱の隅をつつくように文句を言って来る、自称プロの存在」

「SNSに写真を上げると、特定の猛禽派閥から勧誘が来る」

実は一番、飼ってはいけないペット

フクロウを簡単に飼えると思っている方は、まず下記の質問を考えてみてください。

フクロウが食べるエサ用の動物(マウスやヒヨコ、うずらなど)、内臓それぞれに、どんな栄養素やビタミンがあるか?これを十分にわかっておられますか…?

特定のビタミン不足がどんな病気を引き起こすでしょうか?​

・肝臓や目の病気は何不足?

・ヒナが大きくならなかったり、羽がよじれる原因は?

・内臓系の病気はほとんど〇〇〇〇

・エサのレバーはどこにありますか?

・脱水症状になると、フクロウの目はどのようになりますか?

・日本の四季の温度差に耐えられるのは何フクロウですか?

上記がわからないなら遠からず(1年~3年以内に)かなりの確率で病気を招いてフクロウは命を落としてしまうでしょう。

このようにフクロウは一般的なペットと違って、とても難しい動物です。

これらの理由もありまして、当園は、ちゃんと当園のサポートを聞いていただける方のみに、フクロウを譲渡する方針にいたしました。

自称プロや、上から目線の方、すでに特定の猛禽系ショップとお付き合いがある方にはお譲りしておりません

フクロウは安易に手を出すべきではないペットです。​

​専門家のサポート無しでは難しいと思ってください。

獣医の大半もフクロウについては素人です。獣医に行ったがゆえに、結果、死んでしまったという事例が後を絶ちません。

 

ある悪徳ブリーダー(販売店)はその難しさゆえに、飼い主が短期間でフクロウの命を落としてしまう事を知った上で高額販売しています。

ペットロスになった人が、それでもまた2羽目を買いに来ることを知っているのです。

​難しさやリスクを伝えず

「簡単に飼える、困ったら指定の病院に行け」

と言って、購入を勧めて来る販売者には要注意です。

フクロウのエサは生ものであり、他のペットと比べてもかなり特殊なエサです。

エサをすべて自分で買いそろえ、それを安全に内臓処理するには、毎日、毎日、それをやり続ける時間が必要ですし技術も必要になります。

 

エサ作りを一歩間違えるとあっという間に病気にさせてしまいます。

フクロウを飼うにはまずこのハードルを越えなくてはいけません。

ひよこ、うずら、マウス、ミルワームってなに? 何をどのくらい与えたらいいの?? 内臓処理って何だ??

まさに、この複雑な点が犬猫より難しい所であり、人によっては「フクロウを飼いたいけどエサの加工(内臓処理時のグロテスクさ)にとても抵抗がある」という方もいらっしゃいます。

もちろんすべての調整やエサの加工処理を自分でやればエサ代を少しは安く済ませる事もできますが、安全なエサ作りをマスターするまでには経験と、とにかく時間がかかるのです。

エサが生ものであるがゆえに、見えないリスクも本当にたくさんあります。

フクロウの病気の多くはエサの間違いと、生活環境の変化から来るのです。

※エサの諸問題につきましては全てサポートしております。

安易に獣医に頼るリスク

​獣医のほとんどは、実はフクロウのことを良く知らない。

西洋医学に殺され続ける日本のフクロウたち。

猛禽専門をうたう獣医ですら、実は長期の飼育経験はゼロに等しくヤブ医者が多いので、犬猫のように「何かあったら獣医に頼る」という発想は通用しないと思ってください。

またよくある動物の健康診断も、とても怪しい獣医利権になっている場合が多く、フクロウの場合、本来、必要のない薬やエサの交換を勧められた結果、死んでしまったという事例が後を絶ちません。

くれぐれも一人の獣医の話を鵜呑みにしてはいけません。

 

フクロウの場合、犬猫ほど確証性のあるデータが獣医側にありませんので、「獣医を疑ってかかる」くらいの慎重さがないと大切な命を守ることはできません。

フクロウは一度病気にさせてしまうと、医療費はかなり高いうえにヤブ医者も多く、そもそもフクロウを診れる獣医が極端に少ないため、治る確率はとても低くなってしまっているのが現状です。

医療費の相場は1診療、平均1万円前後。(獣医よってはもっと高い)

レントゲンを撮ると2万円は軽く超えます。

手術1回5~10万円前後、入院1週間で8~10万円前後、

入院が長引くと追加でもっとかかります。

(さらに獣医の責任逃れ兼、お説教がセットになることが多い業界です)

特に手術をした場合、入院を勧められるケースが多いので結果、手術費用+入院代(あっという間に10万、20万です)となります。さらに悪いことに手術に至った場合、どれだけお金を払っても結局、助かる確率はとても低いのが現状です。

また、ペットショップや〇〇〇ワールドなどの展示即売会、フクロウカフェなどから購入した場合、その販売価格はメンフクロウなら10万円前後、小型中型30万~40万円、大型40万~100万円という価格帯ですが、実はフクロウをショップからお金で買った購入者の多くは、1~2年以内にけっこうな割合でフクロウを死なせてしまいます。
 

この場合、生体購入費用+医療費+エサ代や飼育用品などで、下手すれば100万円くらいが一瞬で吹き飛ぶ、という計算になります。

と、このようにフクロウが可愛いからと言って安易にお金で買い、困ったら獣医に頼るという考え方が、どれくらいの金銭的負担を招き、いかにリスクがある事か、ということがお分かりいただけるかと思います。

くれぐれも病気になったら獣医に行って「薬や手術で治す」といった西洋医学的な観点でフクロウを飼うのではなく、そもそも病気にさせないように食べ物や飼い方に気をつけ、自然免疫力を高める東洋医学的な発想が正しい道筋です。

フクロウはもともとの飼育人口がとても少ない動物の為、獣医のほとんどもフクロウのことを実はよくわかっていません。

なぜなら日本の獣医師学校は家畜中心の医療技術を学ぶ機関であり、猛禽やフクロウを深く専門に勉強するシステムは存在しないからです。

このような裏事情は一般の方々にはまったくわからないため、獣医師免許さえ取ってしまえば「自称、猛禽専門」「エキゾチック専門獣医」と名乗った駆け出しの未熟な獣医でも、世間的には通用してしまいます。

逆にそのほうが医療費を高く取れるため、競合の多い犬猫を選ばず、あえてエキゾチック専門で開業する獣医がいるほどなのです。

ゆえに誤診や医療ミスが本当に多く、多くの飼い主は泣き寝入りになっていますが、現行の日本の法律では獣医の医療ミスを糾弾することは不可能なので真実はいつも闇の中です。

 

(獣医の真実について詳しくは、次のページ内にも追記してあります)

ねこのす動物保護施設 殺処分ゼロを目指して.jpg
ねこのす、猫の巣、NEKONOS、ネコノス総合動物保護施設.png